自動車税について知っておきたいと思っていらっしゃる方は沢山いるのではないでしょうか?当ウェブサイトを読んで自動車税について勉強してみてはいかがでしょうか。

自動車税

HOME

自動車税をクレジットカード決済で支払う方法

自動車税

自動車税は、車を持っている人が、毎年支払わなければいけない、車についての税金です。
自動車税も他の税金と同じように滞納するとペナルティが課せられてしまうので、必ず支払わなければならないものです。
自動車税の支払いは一年に一度なので、支払わなければいけないとわかっていても、失念していたという人もいます。
指定口座からの引き落としや、コンビニでの支払いが、自動車税の定番の支払い方法でした。
この頃は、自動車税の支払いに、自動車税を利用するスタイルも出てきました。
残念ながら、コンビニでクレジットカード払いをすることは一部を除き不可能ですが、コンビニ以外では可能なようです。
クレジットカードの中には、カードで支払った金額に応じてポイントが入るものもあり、これは税金の支払いにもあてはまります。
しかしながら、地域によっては使用できるカードの種類に限りがあるため、自動車税を支払う前に確認してみることをおすすめします。
ポイントは入るけれども、クレジットカードで決済をすると手数料がつくところもありますので、一概に良いとはいえません。
場所によっては、手数料が発生しないで、クレジットカード払いで自動車税が払えるところもあります。
ネットから自動車税の払い込みができる場合は、納税通知書の情報と、クレジットカードのデータがいります。
便利な自動車税のクレジットカードによる支払いは、今後は利用する人が増えてくることは容易に想像ができます。

自動車の税金はクレジットカードによる納付が可能

自動車税

クレジットカードの中には、使えば使うほど、お得なポイントがもらえるタイプがあります。
クレジットカードは近年ますます使いやすくなっており、ちょっとした買い物にも使えるようになりました。
公共料金の支払いについても、クレジットカードが活用できるようになっているくらいです。
車検費用や、自動車税、事故を起こした時の修理費など、自動車は費用のかかる乗り物です。
重量税や、自動車税、自動車を買った時の取得税も含めると、税金の支払い額もかなりのものです。
自動車を維持するために必要な経費の中で毎年必ず必要になってくるのが、自動車税などの税金です。
クレジットカードで自動車税を支払うことについては、各都道府県の自治体がどのように納付を受けているかで異なります。
自動車に関わる経費としては、保険代金、重量税、車検の整備費用などがあります。
車検については、どんな整備会社に車検を依頼するかで異なっていますが、多くの店舗ではクレジットカード払いが可能です。
法定費用のみクレジットカード以外の方法で支払う必要がある場合と、法定費用も含めてクレジットカードで支払うことができる場合とがあり、確認が必要になります。
クレジットカードで費用を支払う場合は、お店側がクレジットカードを使った時の手数料を負担する必要がありますので、法定費用だけ除外するというところがあります。
自動車を所有していると必ず掛かる税金をクレジットカードによって支払うことが出来ればお得にポイントを貯めることができるのでおすすめです。

自動車税をクレジットカード払いする時のメリットとデメリット

最近では、自動車税の払い込みにクレジットカードが使えルくらい、クレジットカードの存在は身近なものになっています。
地域によって違いはありますが、自動車税の納付がクレジットカードでできるという地域は、どんどん多くなっています。
では、クレジットカードで自動車税を納付する時には、どういった利点と、欠点とがあるものなのでしょうか。
クレジットカードであれば、自動車税を納付しに行くためにかかる時間や交通費などの削減をすることができます。
ポイントサービスを行っているクレジットカードなら、自動車税を支払うような時でも、ポイントが入ります。
今、自由に動かせるお金がないという時でも、クレジットカードを持っていれば、必要に応じて支払いを済ませられます。
クレジットカードで自動車税を納付することは、損な点もあることを知った上で、カード払いをするかどうかを決めるといいでしょう。
具体的な金額は自治体によって差がありますが、クレジットカードで支払う時には手数料が100程度かかります。
可能性としては決して高くはないですが、クレジットカードを使って決済をする場合は、情報が第三者に漏れる可能性がわずかにあります。
納付する金額が高額の場合には、クレジットカードで払えば高ポイントをゲットすることが出来ます。
手数料と、クレジットカードのポイント、どっちが得かを検討する必要があります。
ポイント還元率と、はらいこみ手続きの簡単さがメリットだとすれば、情報漏れリスクと手数料がデメリットといえます。
どちらが得かは人によって違うでしょう。

サイトメニュー